忍者ブログ
私の大好きなスイーツ、変わったスイーツを紹介していきます。気に入ったらどんどんコメントお願いします
[477]  [513]  [499]  [484]  [482]  [424]  [284]  [320]  [337]  [346]  [348
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【京都 和菓子 仙太郎】大粒の丹波大納言と国産もち米の小ぶりなもなか真最中(まっさいちゅう)24個【京都 和菓子 仙太郎】大粒の丹波大納言と国産もち米の小ぶりなもなか真最中(まっさいちゅう)24個
商品名真最中(まっさいちゅう) 24個外箱サイズ縦 : 23cm  横 : 18cm  高さ : 6cmセット重量1.0kg発送方法常温発送送料※詳しくはこちらへ賞味期限(製造日から)5日間保存方法高温・多湿・直射日光を避けて常温で保存特定原材料など特定原材料などは含まれません【必ずお読みくださいませ】この商品は消費期限が短くなっておりますので到着後なるべくお早めにお召し上がり下さいませ。※一部配達にお日にちがかかる地域、また一部の商品について発送が出来ない地域がございますので、詳しい内容については下記” ”発送・決済 ” をご覧下さいませ。→真最中(まっさいちゅう)12個入りはこちら■ 他の商品カテゴリー>もなか  >ようかん  >詰め合わせ  >全商品一覧「最中」(さいちゅう)とは、物事のまんまん中、盛んなる様子を言います。それに「真」の一文字をつけてさらに気持ちを込めて「真最中」と名づけました。真っ直ぐな気持ちで詰めたてをお届けします。 自社の丹波農場(京都府船井郡神吉)で作っている品種は大納言の中でも馬路(うまじ)系と呼ばれるものです。和菓子業界では超最高と評され、最もおいしい小豆であり、おいしい餡と云われています。京都丹波の肥沃な大地と美味しい水に育まれた素材、手作りにこだわった製法。委託農家の農産物をはじめすべて国産の素材を使用しています。仙太郎では身体が決して欲しがっていない着色料、防腐剤、その他の添加物は一切使っておりません。大粒の丹波大納言を「氷室の名水」で水洗いします。その後、豆を鉄釜に入れ、直火で煮炊きします。炊き上がるまでに一度渋きりとあく抜きをし、白双糖を加えます。すると小豆の持つ熱で自然溶解し、浸透圧で甘味がしみこみます。一晩寝かせた後寒天溶液を入れ、煮詰め上げます。二昼夜かけて炊き上げた餡を、詰めたての状態でお届けしています。仙太郎の最中種は、材料にもち米(滋賀県湖北産の羽二重)を使用し、昔ながらの製法で一枚一枚手焼きされています。一切まぜものが無いので、「ご存知最中」の種はホロホロと崩れやすく、香ばしく、はしらいで美味なのです。
さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
甘い物は別バラ
性別:
非公開
職業:
エセ会社員
趣味:
ネットでお買い物♪もちろんスイーツ。
バーコード
ブログ内検索
忍者アド
ランキング
忍者ブログ [PR]
/Material By= /Template by ぴのん