忍者ブログ
私の大好きなスイーツ、変わったスイーツを紹介していきます。気に入ったらどんどんコメントお願いします
[524]  [525]  [527]  [523]  [528]  [488]  [404]  [401]  [433]  [365]  [444
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[ ピエール・エルメ ]イクスピアリ限定セレクト 1月のマカロン 6個セットBoite de 6 Macarons de Janvier[ ピエール・エルメ ]イクスピアリ限定セレクト 1月のマカロン 6個セットBoite de 6 Macarons de Janvier
マカロンは、ピエール・エルメのロゴの入った箱にてお届けいたします。この箱に包装紙等でさらにお包みすることやリボン等の装飾はあいにくご用意しておりません。誠に申し訳ございませんが何卒ご容赦くださいませ。 内容量:マカロン6コセット(6種類×各1個) ・Pistache〜ピスタチオ〜(ピスタチオ風味のガナッシュ) ・Chocolat〜ショコラ〜(ビターチョコレートのガナッシュ) ・Plenitude〜プレニチュード〜(カラメル入りチョコレートガナッシュ、フルール・ド・セル入りチョコレート片)・Cafe〜カフェ〜(コーヒー風味のガナッシュ) ・Earl Grey〜アールグレイ〜(アールグレイ風味のミルクチョコレートガナッシュ) ・Marron The vert〜マロン・テ・ベール〜(マロングラッセ入りクリーム、抹茶のガナッシュ) 消費期限:発送日を含む4日間 保存方法:冷蔵 発送についてこちらの商品の発送期間は、1月7日(月)から31日(木)までとなります。予めご了承ください。 お届け方法: 冷蔵便でお届けいたします。お届け後は冷蔵庫で保存してください マカロンは、丸い形をした“プチガトー”(小さなケーキ)とも称され、外側はカリカリなのに内側はしっとりしている特徴的な生地で、クリームやガナッシュをサンドした小菓子です。今やフランス菓子の代表的な1つとして有名なマカロンですが、実は、もともとイタリアはベネチアで生まれたお菓子で、フランスへ渡ってきたのは18世紀のことでした。一番始めは、トゥールの隣、コルメリーという街に伝わり、それから時をかけていろいろな街のスペシャリテ(特産のお菓子)として広まっていきます。例えばナンシー地方、こちらでは生地が割れているのが特徴とされ、他にも、サンテミリオン、パリなどフランス各地で様々なスタイルのマカロンを見つけることができます。そのうちの1つ、パリのマカロンは“ジェルベ”という名前で呼ばれ、表面がつるつる、ピエ(直訳すると足、マカロン生地のまわりの外にでている部分のこと)がでていることが特徴です。このようにいくつかの種類があるマカロンですが、共通点は、粉にしたアーモンド、砂糖、卵白を使っていることです。ピエール・エルメのマカロンはパリのスタイルで作られ、フランスではもちろん、日本でもとても人気の高いお菓子のひとつです。 保存方法:冷蔵庫 お召し上がりの前に常温においた方が、より一層美味しくお召し上がりいただけます。
さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
忍者ブログ [PR]
/Material By= /Template by ぴのん